カーテンの洗い方のコツは?洗うと部屋がすっきりするよ!

カーテン

衣替えや大掃除、引っ越しの前後などに、「カーテンを洗おうかな?」と思い立つ時があるかもしれませんね。

頻繁に洗うものではないので、「一体どうやって洗うんだろうか?」と非常に難しそうに見えますが、慣れてしまえば、意外と自宅でも簡単にできてしまうものです。

しばらくカーテンを洗っていないと、ホコリやカビなどがついていて、けっこう汚れがついています。

カーテンを洗うと、窓から入ってくる空気もきれいになった感じがして、気持ちがいいですよ。

今回は、カーテンの洗い方について書きたいと思います。

どんな洗剤を使ったらいいの?

洗濯表示
洗濯表示

まずは、品質表示のラベルを見てみましょう。

水洗い禁止などのマークがなければ、基本的に中性洗剤を使って洗えます

また、おしゃれ着などもきれいに洗えるハイベックという洗剤も、布地の繊維を傷めにくく、汚れ落ちも良いのでおすすめです。すすぎも1回でいいので、扱いやすいです。

(関連:おうちクリーニングで、家計を節約する

また、白いレースのカーテンのカビ汚れなどには、酸素系漂白剤の、オキシクリーンなども向いています。アルカリ性になるので、まずは布地の端の方で大丈夫か試してから使うと良いですね。

(関連:家のカビ対策でできること

もちろん、毎日の洗濯で使っている中性洗剤でも洗えます。

エマールのような、おしゃれ着用の中性洗剤も使いやすいです。

カーテンレール用のフックは外しましょう

カーテンレール用のフックの素材には、プラスチックのものや金属のものがありますが、つけたまま選択すると、布やレースに引っかかったり、プラスチックが欠けてしまいやすいです。

洗う前に、フックは外しておきましょう

また、ざっとフックも水洗いすることもできます。

カーテンフックが劣化していたり、数が足りない時は、新しく足すと良いですよ。

まずは汚れをチェックしよう

全体的にカーテンの汚れ具合を確認し、カビ汚れやシミがあるなら、部分洗いをしておくと、汚れがよく落ちます。

全体的に汚れているだけであれば、たたんで洗濯します。

たたみ方

ジャバラ折り(屏風のように)にします。そのほうが、汚れが落ちすくなるからです。

そのまま、大きめの洗濯ネットに入れます。

洗い方

洗濯機でそのまま洗えますが、オシャレ着のように、ソフトに洗う設定の方が布が傷みにくいです。

また、脱水はできるだけ短めにすると、シワが残りにくくなります。

干し方

カーテンレール
カーテンレール

乾かすときに、カーテンレールに戻すと、よく乾きますし、乾いたらそのまま使えるので手間がかかりません。

また、カーテンレールに干せると、ほかに干せる広い場所を探さなくても良くなりますね!

(関連:ベランダに洗濯物が干せるか気になってしまう

干す前に、窓ガラスや網戸の汚れを拭き取ってあると、すぐにカーテンが汚れずに済むので、長くきれいな状態を楽しめます。

窓ガラスをきれいにすると手間がかかりますが、一度に済ませてしまう方が、効率がいいですよ。

カーテンを洗う頻度は?

普通のカーテンならば年に1回レースのカーテンは年に2回ほどが一般的です。

頻繁に洗う必要はありませんが、定期的に洗うと、気持ちがいいですし、カビなどが増えてしまうのを予防することもできます。

カーテンを洗うと良い理由

カーテン
カーテン

・空気がきれいになる

・カーテンの色が明るくなる

・カビ予防になる

・気分転換になる

というメリットがあります。

空気がきれいになる理由は、窓から入ってくる風が、カーテンをすり抜けて来るので、ホコリがなければそのままきれいな風が部屋に入って来れるからです。

毎日過ごしていると気がつきにくいですが、けっこうホコリがついたりして汚れています。洗ってみると、汚れがとれて、全体的に明るい感じの色に変わって感じるかもしれませんね。

汚れが取れるだけで、気分まですっきりしますよ!

毎年、何月ごろに洗うかということをだいたい予定しておくと、洗いそびれずに済みそうですね!

定期的に洗うことで、カーテンにカビが増殖して真っ黒になるというのを防ぐことができます。窓ガラスにつく結露などの水分で、カーテンにカビが生えたりすることがよくあるかたです。

(関連:カビが生えやすい条件や時期はいつ?

引っ越し前に洗って行こう

引越しでカーテンを運ぶ前に、きれいに洗っておくのもおすすめです。

新しい家で、きれいにスタートできるからです。

カーテンを外して持って行くのを忘れないようにしましょう。

(関連:引っ越しで照明器具の外し忘れにご注意を

カーテンの長さが合うか、持って行く前に確認しておくと良いかもしれませんね。また、もし長さが合わないとしても、カーテンが全くないよりも役に立つので、とりあえず持って行くのも良さそうです。

カーテンがないと、家の中が全て見えてしまうので、新しい家の初日から、カーテンが欲しくなると思います。

まとめ

天気の良い日であれば、あっという間にカーテンが乾きます。

家じゅうのカーテンを一気にするのが大変な場合、部屋ごとに何日かに分けて洗うのも良いかもしれませんね。

どうも気分がすっきりしないな〜、というときには、カーテンを洗ってみると気分が変わるかもしれませんよ。

今までカーテンを洗ったことがない人は、ぜひ試してみるのがおすすめです!

洗濯の関連記事

部屋干しするときのコツ ー生乾きのニオイや湿気への対策法

ダウンジャケットは自宅で洗える

【オリジナルドメイン】

急げ!新ドメインは早いもの勝ち!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク