ダウンジャケットは自宅で洗える

洗濯表示

暖かくなってくると、そろそろまとめて冬物の衣類やコート類を洗って収納するのにちょうど良い季節になります。

天気の良い日に、まとめて洗えると、スッキリしますね。

最近では、ダウンジャケットは、自宅で洗うことが多くなりました。最初は勇気が要りますが、汚れがキレイに落ちたのを確認できると、達成感があります。

ダウンジャケットは、クリーニング店に依頼すると、値段が高くなるので、自宅で洗えると、家計が助かりますね!

意外と難しくなく、キレイに仕上がることが多いですよ。

【ハイベック】

ダウンジャケットのほか、制服やオシャレ着を仕上がりよく洗うことができます。これまでクリーニングに出していたものも自宅でキレイに洗えますね。

今回は、オシャレ着用洗剤のハイベックを使ってダウンコートを自宅で洗ったときの方法などについてまとめたいと思います。

自宅で洗うべきか?

もし、初めてダウンコートなどを自宅で洗ってみようと思うなら、まずは元々高級ブランドではないもの、何年も着ていて、もし少し洗い上がりに失敗しても、後悔しにくい服を選ぶのがおすすめです!

もし、高級で、新品で、お気に入りのものから試すと、失敗してしまったときのダメージが大きするからです。

慣れてきてから、高級な服もいくらか自宅で洗ってみることもできます。

おしゃれ着洗いのコツ

衣類

衣類

型くずれをしないようにするには、

【デリケートな服の洗濯のコツ】

・水につける時間を短くする

・やさしく扱う

・脱水時間も短めにする

といったことに気をつけます。

それで、洗濯機で通常通り洗うよりも、手洗いをすると、やさしく洗えます。

本当にデリケートな素材のものは、つけおき洗いの時に、揺らしたりこすったりしないのがコツです。

【手洗いの手順】

① 洗面器におしゃれ着洗い洗剤の液を作り、5ー10分ほど浸し、その後1回すすぎ、1分以内の脱水をします。

② 普通のジャケットやズボンなどの場合、回転が始まってから10秒などで、もし水が出ているザーッという音が消えたら、すぐに脱水終了にして大丈夫です。

③ 少々水気が残っていても、干す時に水分が下に降りていって、その時に一緒にシワを伸ばしてくれることもあります。出来るだけシワを伸ばして干します。

部分洗い

ダウンジャケットなどの場合、気になるのはそで口、襟もと、すそ、ポケットの周りなどの汚れです。

やさしいつけおき洗いだけではすべてキレイに落ちないことが多いので、先に部分洗いをしておくと良いです。

【部分洗いの方法】

石けん液や、おしゃれ着洗剤を少しつけて、ブラシなどで軽くこすって落とします。

擦るか、軽くたたくような感覚で、そっと洗います。

このひと手間をかけるだけで、見違えるように仕上がりがキレイになります。

あまり激しく汚れていなければ、「軽くそで口や襟もとだけ部分洗いする」か、「タオルなどでおしゃれ着洗剤の液をしに込ませて部分的に拭いて、そのあと水ぶきするなどする」と、ある程度キレイにすることもできます。

シーズンの途中で、とりあえず気になるそで口だけキレイにしたり、数回しか着なかったコートの場合、タオルで部分洗いする要領で済ませてしまうこともあります。

ただし、洗い上がりや、時間が経ってからの衣類の状態は、自己責任でお願いします。

ダウンジャケットの場合

雪

【ダウンジャケットを洗う手順】

① まずは部分洗いをします。そで口、エリ、ポケット周り、スソなどです。

② それから洗濯機におしゃれ着洗いの液を作って、ダウンジャケットをネットに入れてから10分ほどつけ込みます。

③ 脱水します。(水の切れる音がなくなったら止めます。)

④ 一度すすぎます。

⑤ 脱水します(水の切れる音が消えるまで)

⑥ 干します。

乾いてから、中のダウンをほぐすと良いそうです。

補足:水につけると、ペチャンコになって不安になりますが、乾くとまたふわふわに戻ります。

別の方法

お風呂場で、ダウンジャケットの表面を洗い、シャワーで洗い流すという方法もあります。

ダウンジャケットの中身まで水を浸透させなくても、表面の汚れをキレイにすることができます。

この洗い方のほうが、服を傷めにくいこともあります。

ハイベックで洗いました

【ハイベック】

お気に入りのおしゃれ着洗剤は、ハイベックです。

つけおき洗いでも、汚れが落ちている感じがします。

また、色物のおしゃれ着も、色落ちなどが少ないような感じがします。(ただし、まったく色が落ちないわけではないので、つけおき時間を短くして、水につかっている時間を短くすることで、対策ができます。)

すすぎも1回でよく、乾きも速いので、使いやすいです。

手洗いは手間がかかるイメージが強いですが、つけおき時間も短いですし、すすぎも1回、脱水も短時間で良いので、思ったよりも短い時間で洗濯できます

【おすすめポイント】

ちょっと値段が高いのですが、一回に使う量が少ないので、かなり長持ちします。

何回かダウンジャケットを洗ったりするだけで、クリーニングに出すよりもかなり節約になりました。節約するなら、自宅で洗うのがおすすめです。ハイベックで、ほとんどの種類のものを自宅で洗えてしまいます。

それに、自分で洗えると、気になる時にすぐに洗えて便利ですよ!

※ オシャレ着洗いの関連記事

おうちクリーニングで、家計を節約する
おうちクリーニングで、家計を節約する
毎月の家計費の中で、節約できそうなものの一つに、クリーニング代があります。 冬物は特に種類が多く、コートやジャケットなど、一つひとつ値...

まとめ

晴れた日は、ダウンジャケットを洗ったり、まとめておしゃれ着洗いをするのにうってつけです。

自宅でもある程度洗うことができるなら、クリーニング代をおそれずに、どんどん着てオシャレが楽しめます。

時間がない時や、お気に入りの服は、クリーニングに出すなどして、使い分けると良いかもしれませんね!

【宅配クリーニングのできるお店】

クリーニングの受け取りが自宅でできるサービスなので便利です。

宅配クリーニング【リネット】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク