部屋干しするときのコツは?生乾きのニオイや湿気への対策法

カーテン

雨の日や、花粉の多く飛んでいる時期には、部屋干しすることになりますね。

部屋干しすると、乾くのに時間がかかって生乾き臭がしたり、部屋の湿気が多くなりすぎて、カビが生えやすくなったりしてしまいます。

特に、気温が高くなっているのに湿度が高い時期は、洗濯物が乾きにくいので、雑菌が繁殖して臭いやすいです。

(関連:カビが生えやすい条件や時期はいつ?

(関連:雨の日の洗濯物の乾かし方

どうしても洗濯物を外に干せない時もあるので、部屋干しがうまくできると助かりますね。

外に干す関連記事

今回は、部屋干しするときのコツについて書きたいと思います。

生乾きのニオイの原因

生乾きの臭いの原因となるのは、洗濯物に付着している雑菌が繁殖してしまっていることです。

部屋干しのほうがニオイやすいのは、太陽の紫外線に当てて干すほうが、殺菌効果があるからです。

洗ったばかりの洗濯物でも、部屋干しの回数が続いてきたり、洗濯槽が汚れていて雑菌が移ったりすると、雑菌が残ってしまいます。

特に、汗をたくさんかく時期には、皮脂や汗などのタンパク汚れなどが雑菌のエサとなるので、汗びっしょりの衣類を洗濯せずに長い時間放置したり、洗濯しても汚れがじゅうぶんに落ちていないと、ニオイやすくなります。

また、雑菌は水分を好むので、乾いていない状態でいると、雑菌が増えていきます。

部屋に湿気がこもって、乾くのに時間がかかると、雑菌が繁殖しやすい状態が長くなってしまうでしょう。

雑菌対策

洗濯機
洗濯機

ニオイの元になる雑菌を減らすためには、洗濯槽のそうじがおすすめです。

洗濯機の内側は、カビが生えやすく、雑菌も繁殖しやすいからです。

酸素系漂白剤などを使って、時々洗濯槽を除菌すると、洗濯物がニオイにくくなりますよ!

洗濯槽の掃除の記事

熱湯消毒

電気ケトル
電気ケトル

タオルなどに雑菌が繁殖してしまうと、何度洗っても、湿らせるとニオうようになります。

このような場合、殺菌できると、ニオイもリセットされます。

熱湯に入れると、雑菌が死滅します。(人肌のようなぬるま湯ではなく、熱湯です。)

あるいは、酸素系漂白剤などで消毒することもできます。酸素系漂白剤の効果を高めるためには、50℃程度の湯の方が効果的です。

コインランドリーで、50℃などの温水で洗ったり、熱乾燥までできるコースならば、雑菌が殺菌されます。

アイロンの熱でも殺菌ができますよ。

洗濯物の乾燥を早める

長く湿らせておかず、速く乾かすのもよい方法です。

扇風機などの風を当てるだけでも、空気が入れ替わり、乾燥しやすくなります。

また、風呂場に衣類乾燥のための温風が出る設備があるなら、利用することもできますね。

部屋の湿気をとる

エアコン
エアコン

部屋の湿度がいつまでも高いと、なかなか乾いてくれません。

雨の多い時期には、湿度が80~100%近くなることもあり、洗濯物が乾かないのにも納得してしまいます。

部屋に湿度計があると、洗濯物が乾きやすいかの目安になりますよ。

(関連:部屋に温湿度計があると便利

除加湿空気清浄機

除湿機+加湿器+空気清浄機の機能がついているタイプです。その日のコンディションに合わせて使い分けられます。

除湿機があると、部屋の湿度を下げることができます。

あるいは、クーラーをかけることでも、空気中の水分が冷やされて、外に排出され、湿度を下げることができます。

扇風機の風を当てて、空気を入れ替えるだけでも、洗濯物の乾きが早くなります。

また、除湿機がなくても、凍らせたペットボトルを置いておくと、空気中の水分を集めることができ、いくらか湿気が取れます。

タライの上に、水を入れて凍らせたペットボトルを置いておくだけですが、沢山の空気中の水が集まるので、それを見ると効果を実感できます。

ペットボトルでの除湿の方法の記事

湿度が高すぎると

部屋の湿度が極端に高くなると、暑い季節だと蒸し暑くなり、不快なコンディションになります。

部屋に置いてある書類や新聞紙なども、湿気のせいでブヨブヨになったりします。

また、部屋の中でカビや雑菌が繁殖しやすくなります。

外気の湿度に加えて、洗濯物を部屋で干すと、どうしても部屋の湿度が上がってしまうので、湿度対策はできるだけしておいた方が良いでしょう。

まとめ

部屋干ししても匂わないようにできると、だいぶストレスが減りますね。

湿度をコントロールし、雑菌を繁殖させないようにしたいですね!

洗濯に関連する記事

アイロンに関連する記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク