アイロンでシワをきれいに伸ばす方法ー干し方と霧吹きの使い方がポイント

Yシャツ

洗濯の最後の仕上げはアイロンがけです。

もし自宅で洗濯しても、ピシッときれいにアイロンがかかっていると、着ている人もそれを見る人も気分が良いですね。

霧吹きをかけたり、洗濯のりを使ったりすると、同じシャツでも見違えるようにピシッと決まる服になります。

とはいえ、ワイシャツをきれいにアイロンがけするのは、結構難しい作業です。

アイロンがけに失敗すると、余計にシワができたり、伸ばしきれなかったシワが残ったりしてしましまうからです。

「ええいっ、面倒だ」

と思ってしまうこともあるかもしれませんね。

コツを覚えて、何枚もアイロンをかけていくと、自宅でもクリーニングしたようにきれいな仕上がりにできるようになりますよ!

今回は、アイロンでシワを伸ばす方法についてまとめたいと思います。

干し方も重要

洗濯物を干す
洗濯物を干す

アイロンがけに入る前のコツですが、洗濯物の干し方も重要です。

シワシワのまま干せば、大小様々なシワが余分についてしまいます。

そののちにアイロンをかけるとしても、できるだけシワが少ない方が早くかけ終わることができます!

干す前に、衣類をバサッバサッとさばいてから、ハンガーにかけて干し、さらに目立つシワを手のひらで伸ばしておくだけで、かなり効果があります。

また、ゆるめに脱水してから干すとシワがつきにくくなります。

シワとの戦いは、アイロンをかける前から始まっています。

洗濯のり

【キーピング】

洗濯の最後に、洗濯のりの入った水に浸してから脱水して、シワを伸ばすように干します。

繊維が柔らかくなってきた衣類でも、のりをつけることでパリッと丈夫になり、見た目も決まるようになります。

洗濯のりをつけるという余分の作業がかかりますが、仕上がりは良くなります。

それだけ手間をかけるのですから、キレイに仕上がってほしいですよね。

霧吹きを使う

【霧吹き】

パンやお菓子作りに、と書かれていますが、レビューを見ると、アイロンの霧吹き用に購入される方もいるようです。また、観葉植物の葉にミストをかけるときにも使えます。

完全に布が乾いている状態よりも、少し水分が残っているくらいの方が、シワが伸びやすいです。

半乾きの時にアイロンをかけるか、霧吹きを使うとかけやすくなります。

それで、アイロンをあてる前に、シュッシュッと霧吹きでざっと湿らすと、程よい具合に水分が入ります。

ジューっと、アイロンをかけたところが一度でしっかりシワが伸びるので、かけていて気持ちが良いです。

完全に乾いている状態だと、伸ばしきれなかったシワが残ってしまうこともあります。

霧吹きの中身は、水道水で大丈夫です。

まとめ

コツをつかめば、アイロンがけはもっと上手に早くできるようになりますよ。

プロのクリーニング師は、一枚のワイシャツを10分で仕上げてしまうそうです!!

すごいですね。

「なかなかシワがキレイに伸びないな~」というときには、霧吹きを使うと効果がかなりありますので、ぜひ試してみてくださいね。

また、忙しい時には、クリーニングを利用して、無理にストレスにならないようにするのも一つの方法です。

※ アイロンに関連する記事はこちら

アイロンはスチームなし、コードありでも、結構使いやすい

アイロンも壊れることがある

使いやすいアイロン台はどんな形?

おうちクリーニングで、家計を節約する

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク