カーテンの選び方のポイントは?機能面も参考にしよう

カーテン

新居が決まったら、カーテンも合わせて選んでいきたいですね。

カーテンの色やデザインで部屋の雰囲気がだいぶ変わるので、好きな色や雰囲気のイメージを持っていると決めやすいですよ。

また、カーテンによっては、遮光機能や、防炎、遮熱や遮音など、機能的なものもあります。

必ずしも全ての機能は必要ないかもしれませんが、素材や加工の特徴を生かして選ぶと、部屋も過ごしやすくなるでしょう。

今回は、カーテンの選び方のポイントについて書きたいと思います。

既製品のカーテンで対応できることが多い

カーテンレール

カーテンレール

サイズが合わないと、とても使いづらくなってしまいます。

短すぎて、光が入ってきてしまったり、長すぎて床をひきずるようだとサイズが合っていないでしょう。

一般的な既製品のカーテンのサイズ

幅100cm × 高さ135cm

幅100cm × 高さ178cm

幅100cm ×  高さ200cm

が多く見られます。レースのカーテンの場合、ドレープカーテンよりも2cm短くした長さにするのが主流です。

横幅は、少し余裕を持たせることもできるので、170〜200cmの間であれば、幅100cmのカーテン2枚をセットにするとちょうどいいです。

ドレープカーテンの高さは、床につく長さから2cmほど短くしたくらいがちょうど良いと言われています。

ベランダなどに出ない窓(高窓・腰高窓)の場合には、窓の下にも光が差し込むので、少し長めのカーテンにする方が向いています。

ニトリなどの場合、既製品とはいえ、サイズ展開が豊富で、高さ(丈)が、70cm〜260cmの間で種類がたくさんあります。

必要なカーテンの大きさを測ってから、注文するといいですね。

遮光カーテンの特徴

遮光カーテン

遮光カーテン

遮光カーテンにも、いくつかのクラスがあり、少し光を通すものもあれば、全く遮断するものもあります。

用途によって使い分けるとよいでしょう。

夜、真っ暗にして静かに休みたい場合と、少しは光が入るようにして朝日が入るのを感じたい場合では、選ぶカーテンが異なってくるからです。

暗くしすぎて寝過ごしてしまうのが怖い、という人は、少し弱めの遮光カーテンが良いのかもしれませんね。

遮光カーテンにしておくと、外に光が漏れにくいという特徴もあります。

外に、部屋の中の様子を、人影が映ったりするのも、見せたくない、という場合には、遮光機能が強い方が、向いていると思います。

また、ミラー効果のあるカーテンを選ぶと、人の姿が外に写りにくくなります。

レースのカーテンでもミラー効果のあるものがあるので、遮光機能以外でも、対策ができるかもしれませんね。

防犯面も合わせて考えてみると良いと思います。

【参考】

ニトリのホームページより

等級 遮光率
遮光1級 99.99%以上 人の顔の表情が識別できないレベル
遮光2級 99.80%以上99.99%未満 人の顔、あるいは表情がわかるレベル
遮光3級 99.40%以上99.80%未満 人の表情はわかるが、事務作業には暗いレベル

※ 遮光級数と遮光率は「(社)日本インテリアファブリックス協会(NIF)」の基準です

遮光1級でなくても、遮光3級でも、99.4%以上ものかなりの光が遮られることがわかりますね。

遮熱効果のカーテン

西日が入る部屋などは、室温が熱くなりやすいです。

日差しが入る、窓の大きな家は明るくて良いのですが、夏に暑くなりやすかったりします。

遮熱効果のカーテンは、レースのカーテンのような種類に多いのですが、日中は、レースのカーテンのみ閉める人が多いと思うので、レースカーテンに遮熱機能があるのは実用的だと思います。

これで、室内の気温が数℃違うだけでも、過ごしやすくなりますし、エアコンの節電効果にもつながります。

【遮熱レースカーテン】

節電の関連記事

夏の電気代節約のコツ
夏の電気代節約のコツ
夏にエアコン(クーラー)を使うようになると、電気代が気になり始めますね。 他の電化製品についても、できれば電気代を節約していきたいで...

防炎加工

防炎

防炎

火災などのときに、カーテンが燃えにくいと、火が燃え広がるのが遅くなるので、その間に逃げることができたり、大きな火災になるのを防ぐことができるかもしれません。

防炎加工があるからといって、火災や事故ゼロまでにできるわけではありませんが、安全対策としては、良い方法だと思います。

滅多に火災は起きないかもしれませんが、いざという時に燃えにくい方が安心ですね。

遮音効果

遮音効果のあるカーテンもあります。

道路沿いに住んでいて、車や外の騒音が気になる場合には、このような遮音効果のあるカーテンがあると、騒音が軽減されて、部屋が過ごしやすくなるかもしれませんね。

どうしても、便利な立地にあるマンションなどは、道路沿いにあったりして、車の音が気になるものです。

遮音効果があれば、少し静かになって、夜眠りやすくなるかもしれません。

また、室内の音を外にもれにくくする効果もあります。近所同士が近い場合は、こういったカーテンがあると過ごしやすいと思います。

ただし、本格的に騒音対策をしようと思うならば、窓を二重ガラスにするなどした方が、効果が高いです。

騒音対策についての関連記事

フローリングの床の騒音対策

近所のどんな音が気になるか?

ジョイントマットの使い心地

デザインも重要

機能的なことも大切ですが、部屋でカーテンの占める面積は大きいです。

気に入らないデザインだと、ずっと気になってしまうでしょう。

それで、機能面だけでなく、見ていて違和感なく、居心地よく過ごせそうな色やデザインにするのがおすすめです。

カーテンのお手入れ

カーテン

カーテン

洗濯の目安は、レースのカーテンは年に2回、ふつうのカーテンは年に1回だと言われています。

季節の変わり目などに、洗濯できると、ホコリを落とせるので、窓からきれいな空気が入るようになるので気分がいいですよ。

自宅で丸洗いOKという表示があると、さらに洗いやすいですね。

カーテンの洗濯の関連記事

カーテンの洗い方のコツは?洗うと部屋がすっきりするよ!
カーテンの洗い方のコツは?洗うと部屋がすっきりするよ!
衣替えや大掃除、引っ越しの前後などに、「カーテンを洗おうかな?」と思い立つ時があるかもしれませんね。 頻繁に洗うものではないので、「...

まとめ

戸建ての家だと、窓のサイズが色々だったりしますが、賃貸住宅の場合は、既製品のカーテンのサイズがちょうど良いことが多いです。

まずは、窓の横の長さと縦の長さを測って、どのサイズが必要か調べてみましょう。

【幅100cm × 丈178cm2枚セットのカーテン】

部屋になじみやすいベージュ色。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク