新居のソファ選びは楽しい!

ソファ

新しく引っ越す家の家具を選ぶのは、夢があって楽しいですね。

「ドラマやインテリア雑誌に出てくるような部屋や、モデルルームのような部屋にしたいな〜」などと、色々な可能性があります。

実際には、部屋の広さや予算が限られているので、その条件の中で折り合いをつけて探すことになります。

家具やインテリアの中でも、ソファー選びは楽しいです。

お店の家具売り場でも、まずソファーに目が向いてしまいます。

今回は、ソファー選びについて書きたいと思います。

必需品ではないけれどソファがあると嬉しい

ソファ

ソファ

ソファは場所を取りますし、値段も結構します。

それで、予算を最低限にしていたり、短い単身生活の場合、ソファはなしになることもしばしばです。

とはいえ、ソファーがあると、家でリラックスできます。

それで、仕事で疲れても、家に帰って休むのが待ち遠しくなるかもしれませんね。

また、お客さんが家に来た時にもくつろいでもらいやすくなります。

ソファの利点

・ くつろげる場所ができる

・ 見た目がカッコいい

・ お客さんを招待しやすい

同じく休むためとはいえ、ベッドとは違う良さがソファーにはあります。

ベッドだと寝転びたくなるので、くつろぎ過ぎてしまって、家族や友達やお客さんと一緒に団らんするには、ソファのほうが向いています。

ダイニングテーブルセットでも、ごはんを一緒に食べたりお茶を飲んだりできますが、ソファは座り心地もやさしいので、よりリラックスできます。

さらに打ち解けて仲良くなるのに向いています。

サイズを選ぶ

一人暮らしや、部屋が狭くてもソファが置けないとは限りません。

1人掛け用のソファを選べば良いのです。

こういった1人掛け用は、オシャレなデザインも多く、個性的なデザインのものにも挑戦しやすいかもしれませんね。

また、家族の人数に合わせて、2人掛け、3人掛けのソファを選べます。

もしも部屋の広さに余裕があるならば、3人掛けの大きさのほうがゆったりできるのでおすすめです。

3人掛けだと、ちょうど寝転ぶこともできるくらいの長さになります。

ソファ

ソファ

ソファーをセットでそろえると、1人掛け、2人掛け、3人掛けと足置き台の4点セットというものもあります。

こうなると、戸建てやマンションでも大きめな家でないと、置くのは難しいですが、人数が多くなっても程よい距離で話しやすいです。

ソファーベッドはどうか?

部屋が広くないときに気になる商品は、ソファーベッドです。

日中はソファーとして、夜はベッドに切り替えることができるのが特徴です。

とはいえ、このソファーベッドは、ソファーとしては良いとしても、ベッドとして使うには、だれかが泊まることになった時に臨時用として、たまに使う程度にするのがちょうど良いと思っています。

自分が毎日ベッドとして使うには、スプリングやクッションがベッドに比べると柔らかすぎたり、へこみやすくなることが多く、腰痛の原因になりやすいからです。

ソファーベッドにも、いくつかの種類があり、背もたれを倒すタイプと、座る部分のクッションが折りたたみ式になっていて、伸ばすようになっているタイプのものもあります。

形状も、スプリングやクッションも値段もさまざまなので、中には品質の良いものもありますが、できれば自分用の寝具は、ソファーと兼用ではなく、別々にするほうがおすすめです。

ソファーの材質、素材

表面の素材は、大きく分けて、布(ファブリック)、本革、合皮があります。

布(ファブリック)

好みもありますが、意外と使いやすいのは布(ファブリック)です。

布は、汚れがつきやすいイメージがありますが、クッション部分にファスナーが付いていて、布の部分を洗うことができるものもあります。

また、ソファーカバーをかけるには、布のほうがズレにくく、定期的にカバーを洗うことで、ソファー本体をきれいに維持することもできます。

本革

本革素材だと、高級感がでます。

使っていくうちに馴染んでいき、光沢も出てきます。

冬場には、始め座るときに少し冷やっとしますが、座っているうちに温まってちょうど良くなりますので、冷えすぎることは無いと思います。

ソファーの上に座布団のようなクッションを置くこともできます。全体にカバーするよりも、座席に座布団クッションを置くほうが使いやすそうです。

合皮

合皮は、本革に比べると値段もお手頃ですし、ちょっとした汚れも水拭きでさっと拭けるので、扱いやすいです。

見た目は本革に似たような感じです。

クッションと座り心地

ソファーは座るためのものなので、座りも重要です。

見た目がカッコいいのに、座りにくいと、イマイチ休まらなくて、残念ですね。

できれば、実際に座ってみて決めれるのがおすすめです。

通販の場合、材質や説明、写真、レビューなどをよく見ておくと、かなり参考になりますよ。

まとめ

部屋のインテリアをオシャレにしたいときには、ソファを工夫すると、雰囲気がかなり変わります。

大きな家でなくても、1人掛けソファを置くなど、似合うソファーがあるかもしれませんよ。

大きさや材質やデザインが色々あるので、座り心地が良かったり、見た目が気に入るものを選べるといいですね!

※ インテリアの関連記事

部屋がオシャレに見えるアイテム
部屋がオシャレに見えるアイテム
「自分の部屋がもっとセンス良く飾れたらいいのにな〜」と思うことがあるかもしれませんね。 同じような間取りで、同じくらいの予算をかけて...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク