在宅ワークしやすい部屋

在宅ワーク

新型コロナウイルスが流行してから、在宅ワークになる人が増えました。

流行が収まっても、以前よりも在宅ワークという働き方が増えるような気がしています。

家で仕事をするとなると、部屋の環境を仕事もできるように変える必要が出てくることもありますね。

今回は、在宅ワークしやすい部屋について書きたいと思います。

インターネットを設置しやすい物件

集合住宅の建物として、インターネットの光回線の工事が済んでいるところがあります。

光回線工事が済んでいる建物だと、個人で光回線を契約する必要があるものの、大規模な回線工事が不要なので、比較的早く光インターネットを使えるようになったり、初期費用が安く済んだり、集合住宅のプランで契約できたりします。

戸建ての家よりも集合住宅のほうが月額料金が安いことが多い(光インターネットの場合)です。

(モバイルタイプのインターネットや、コンセントに差し込むだけで使えるようになるタイプであれば、マンションでも戸建てでも料金は同じです。)

工事費用は分割払いになったり、割り引かれたりするので、回線工事が必要になっても、負担は少なめです。

※ 関連記事

固定電話はあったほうが良いか?

固定インターネットvsモバイル 一人暮らしはどちらが良い?

少し広め

机と椅子
机と椅子

家でも仕事するとなると、少し広めのスペースがあると気持ちに余裕ができます。

長時間過ごすことになるので、在宅ワークなしの時よりも広めの面積の部屋を選ぶと良さそうです。

今住んでいる家で在宅ワークをするなら、広く感じられるような家具の配置に工夫してみましょう。

隣に音が響きにくい

アパートによっては、隣の家の話し声がかなり聞こえることもあります。オンライン会議などをするときに、あまりに壁が薄いのは社内情報が漏れるきっかけになるので良くないですね。

防音にするのは難しいとしても、オンライン会議や電話をすりときには、隣との壁から遠いところにしたり、窓を閉めて話したり、ヘッドセットを使って音を出さないようにするなどの工夫ができると思います。

また、窓を開けっ放しで大きな声で話すと響くので、エアコンをつけるなどすると、オフィスらしくなりますね。

※ 騒音の関連記事

日当たりが良い

テレワーク
テレワーク

在宅ワークをすると、長時間家にいることになるので、日当たりの良い部屋にして居心地を良くするのが良いかもしれませんね。

仕事をするのを、日当たりの良い部屋に移動させて、机などの配置をセットし直すこともできますね。

家族と一緒に住んでいるならば、協力をしてもらわなければいけませんね。

リビングの日当たりの良いところに場所を取るのは、家族が日中家いると難しいこともあります。

部屋の一角を使うことができるかもしれませんし、そうでなくても、できれば仕事をしやすい環境を見つけたいですね。

座り心地のよい椅子

在宅ワークは、デスクワークであることが多いので、疲れにくい椅子が望ましいですね。

オフィスにあるような椅子があると、ちょっと嬉しくなりますね。

【オフィスチェア】

ひじ掛けがないタイプだと、ひっかかりにくく色々なところで使いやすいです。ワークスペースに余裕があるなら、ひじ掛けありも良いかもしれませんね。

いくら座り心地の良い椅子でも、時々休憩を入れて立ち上がったり歩いたりする方が、腰痛予防になると思います。

また、スタンティング式にすると疲れにくいという人もいます。

【昇降式デスク】

高さを調節できて、立って作業する高さに合わせることもできます。

家で休憩することもあるので、ほっと一息つけるソファーがあるのも良いかもしれませんね。

色んなタイプの椅子がありますが、全部取り入れるのは難しいので、どれかお気に入りの椅子をまず一脚確保してみてはいかがでしょうか。

※ 関連記事

新居のソファ選びは楽しい!

部屋がオシャレに見えるアイテム

部屋に勉強机は必要か?

背景に写るものに注意する

オンライン会議
オンライン会議

オンライン会議をするなら、カメラに映る背景にも気を配ることができます。

ひとまず、カメラに映る部分だけでも、ちょうど良い場所を確保できるといいですね。

壁や、カーテンなど、シンプルな背景にしておくのが無難だと思います。

あまり家の中を見せたくないな、という場合には、バーチャル背景に設定することもできます。

個室があれば理想的

集中して仕事をできるように、個室があるなら理想的ですが、もし一部屋確保できないならば、仕事スペースを仕切りや家具の配置などである程度区切ることもできます。

あるいは、リビングなどの広いスペースをちょっと仕切ったほうが、小さな部屋に閉じこもるよりも圧迫感がないかもしれませんね。

仕事で使うスペースを決めると、家の中でも気持ちの切り替えをしやすくなると思います。

会議の声が一緒に住んでいる家族に聞こえないようにしたいときには、部屋が分かれていたほうが良さそうですが、特に問題なければ、個室にこだわらなくても良いかもしれません。

個室を確保したいならば、同じ面積でも、間取りを2LDKだったのを、3DKにしたりすると部屋数が増えます。

まとめ

ウェブ記事のライティングなどで、私も家で作業することが多いので、座り心地の良い椅子や、部屋の配置などを色々変えてみたりしています。

家でお仕事する時間が長くなりそうならば、日当たりが良く、少し広めな部屋を選ぶのがおすすめです。

使いやすい椅子やデスク選びは、選択肢が多くて決めきれなくなったりしますので、とりあえず今あるグッズを駆使してみて、「こんな感じのものがあるといいな」というものが見えてきてから新しいものをそろえるといいかな、と思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク