台風に備えてベランダのものを家の中に入れておこう

台風

台風では、強風や大雨の被害が出ることがありますね。

物が壊れたり、ケガをするほどの台風は、ふつうはそれほど頻繁に来るものではないと思っていましたが、2018年は次から次へと台風がやって来ました。

備えは出来るだけしておいた方が良いと思い知らされました。

台風が来ることがわかったら、まずはベランダにある物をしまうようにするのがおすすめです。

こうした事前の備えで、思わぬ被害を減らすことができるからです。

今回は、台風対策について書きたいと思います。

強風で物が飛んでくる

強風だけでも、窓ガラスに風が当たる音がして、だいぶ怖く感じることがあります。

それ以上に危ないのは、風で物が飛んで来たり、飛ばされたりすることです。

強い風と一緒に物が飛んでくると、スピードが付いているので、ケガをしてしまいますね。

また、何が飛んでくるかわかりません。

傘をさしていても、傘が飛ばされそうな勢いなので、飛んで来たものを防御する余裕などないことがほとんどです。

台風で風が強いときには、なるべく外に出ないのが良いですね。

ベランダの準備

ベランダ

ベランダ

まず、物干し竿を降ろして下に置くか、家の中に入れてしまいましょう。

また、植木鉢やプランター、お掃除グッズや、ふとんを干すときのふとんばさみなど、ベランダに置いてあるグッズを家の中に移動させておきます。

物干し竿などが風にあおられて、窓ガラスに当たったりしたら、修理に時間や費用がかかりますし、ガラスの破片でケガをしやすくなるので危険です。

比較的小さな物でも、風にさらわれて勢いよくだれかに当たったり、物にぶつかったりしたら、物は壊れたり傷つきますし、人はケガをします。

台風のときの風の強さは普通ではないので、飛ばされそうな物は外に出しておかないようにしましょう。

ベランダの関連記事

アパートやマンションでは何階くらいに住みたいか?

ベランダに洗濯物が干せるか気になってしまう

窓を閉めておこう

強風と同時に雨が一緒に吹きつけることがあります。

もし窓が開いていたら、部屋の中までしっかり雨が入ってきてしまうので、閉じまりを確認しておくといいですよ。

とくに、日中人がいない部屋は、雨が入ってきてしまっていることに気がつきにくいので、事前に窓を閉めておけるといいですね。

うっかり窓を開けっ放しにしていると、強風が部屋の中まで入ってきて、カーテンを揺らし、窓の近くにあった物を蹴散らしてしまうことがあります。

部屋の中がぐちゃぐちゃにならないためにも、台風の最中は、窓を閉めておくのが良いですね。

加害者にならないためにもしまう

自分の家から飛んで行ったグッズで、他の人がケガをしたり、車がへこんだりしないようにしたいものです。

家が広い人は、自転車や、その他の外に置いてあるものを家の中やガレージにしまっておきましょうね。

停電や断水に備える

木が倒れる

木が倒れる

強風で、木が倒れたりして電線が切れて、停電が起きることもあります。

台風の前には、停電や断水の対策も合わせてしておくと良いですね!

水や食料など、非常袋を用意しておきましょう。

災害に備える記事

停電に備えて置いておきたいもの
停電に備えて置いておきたいもの
台風や地震などの災害に備えて、防災グッズを用意することにした方も多いと思います。 水や食料のほか、停電に備えたグッズもあると良いでしょ...

非常食として備えておけるもの

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク