台所のベタベタ汚れにはセスキが効くよ!

湯沸かし器

台所掃除で、換気扇やガスコンロまわりの油汚れに「困ったな〜」と思うことはないでしょうか?

時間が経つと、さらにネチャネチャした、取れにくい汚れになってしまいます。

そしてますます掃除したくない、掃除するのが怖い部分になっていくのです。

ところが、数年前から掃除にセスキ炭酸ソーダを取り入れてからは、油汚れが以前ほど大変ではなくなりました。

面白いほどスルッと油汚れが落ちるからです。

今回は、台所の油汚れとセスキ炭酸ソーダについて書きたいと思います。

セスキは油汚れに強い

セスキ

セスキ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性で、油分と反応して、分解していきます。白色の結晶で、水に溶けやすい性質です。

一般的な洗剤や石けんとは違い、セスキ液は泡立ちません。

セスキ液は、無色透明で無臭です。

泡立つ洗剤に慣れていると、泡立たないのが物足りなく感じますが、泡がないので水ですすぐのがとても早くできます。サッとすぐにすすぎが終了します。

洗い上がりは、油分がすっきり取れて、効果バツグンです。

セスキスプレーの作り方

アルカリウォッシュとスプレーボトルのセット

 作り方 

霧吹きの容器に、500mlの水に対してセスキ炭酸ソーダを小さじ1杯程度の量を溶かします。

台所のコンロまわりなどの気になる汚れに、シュッと霧吹きし、水で絞ったふきんで拭き取ると、あっという間に汚れが取れます。

油汚れは、時間が経つほどネチャネチャした、取れにくい汚れになるので、気がついたら早めに拭き取ってしまいましょう。

流し台(シンク)の掃除にも

水道

水道

セスキ水でシンクを霧吹きし、スポンジなどで軽くこすると、ステンレスの部分がピカピカになります。

スポンジは、アクリル毛糸のタワシも使えます。

シンクについてしまった、油汚れ、水アカなどが、スッキリ取れて、ピカピカになります。

油分の多いカレーやこってりした肉料理のあと、シンクがギトギトしてしまうことがありますが、そんなときにもセスキスプレーがあると、わりと簡単に油汚れを落とすことができますよ。

泡をたくさん使わなくても、強い洗剤も必要としないので、お手入れしやすい方法ですね。

電子レンジの汚れに

電子レンジ

電子レンジ

台所に電子レンジを置いておくと、料理している時の油が飛んだり、電子レンジで温めたおかずのたれや油が飛んだりして、けっこう汚れがつきやすいですね。

電子レンジの内側も外側も、放っておくと汚れがたまっていきます。

早めであれば、サッと水拭きするだけで大部分の汚れを落とせますが、少し油っぽい汚れの場合は、セスキスプレーをすると落としやすいです。

セスキスプレーをしてから、台拭きのふきんなどで水拭きすると、ピカピカになります。

普通の水拭きだけよりも、油汚れが落ちるので、同じ力で拭いても違いが出ますよ。

同じような要領で、台所にある電気ポットや、戸棚のガラス、炊飯器などの表面もセスキスプレーで拭くと、きれいになります。

ガスコンロのレンジまわり

ガス

ガス

油汚れが特にガンコなのは、ガスコンロかもしれません。

セスキスプレーをしてから、水拭きすると、汚れを落としやすくなりますよ。

また、セスキ水で絞ったふきんで拭く方法も、汚れがよく落ちます。

セスキ炭酸ソーダ(粉)を溶かして作るのであれば、ボウルに1杯分くらいセスキ液を作って(ボウル1杯の水に、スプーン1杯のセスキ粉が目安)、付近全体に染み込ませて使ったり、さいごにはシンクまわりの掃除に使うと、無駄なく使い切ることができます。

焦げたような汚れの場合、落とすのに少し余分に時間がかかることもありますし、時間が経ちすぎたものは、うまく落とせないこともあるので、できるだけこまめに掃除するようにしたほうが良いですね。

セスキを使えない素材もある

アルミ、白木やニスの部分には向いていません。テフロン加工の鍋やフライパンにも使わないほうが無難です。

素材を確かめてからセスキを使うようにしましょう。

ステンレスやプラスチックの部分には、効果的です。スッキリ油が取れて、キュッキュッとなると、とても気持ちが良いですよ。

手荒れに注意(ビニール手袋をしよう)

セスキ炭酸ソーダを長時間素手で触っていると、手肌の油分がとれてカサカサになってしまいます。

ビニール手袋は、使い捨てよりは厚手の方がやぶれにくく、掃除の時には向いています。使い捨ての薄い素材の手袋は、掃除で汚れをこすったりしているうちに、指先のところが破れたりしやすいです。

水仕事用のゴム手袋

使い捨て手袋

少しセスキ液に触ったくらいでは、問題ないことが多いですが、長時間さわったり、濃い液だったり、肌が弱い人は、ビニール手袋をして作業したり、使用後にはすぐに手を洗うようにしてください。

合成界面活性剤などは含まれていなくても、手の油分もとってしまいやすいので、肌がカサカサになったりしやすくなります。

まとめ

日常的にセスキスプレーがあると、掃除しやすくなり、大掃除のときにあまり大変ではなくなります。泡が立たないのに、油のベトベト汚れが不思議なくらいすっきり落ちるので、気持ちがいいですよ!

セスキ炭酸ソーダ(粉)があると、簡単に手作りできますし、コストもあまりかからないのでおすすめですよ。

まずは、どんな感じか試してみるのに、すでにスプレーになっている商品も便利ですね。

セスキの激落ちくん

セスキと掃除の関連記事

風呂場のピンク菌やヌルヌル汚れもセスキ掃除でスッキリするよ
風呂場のピンク菌やヌルヌル汚れもセスキ掃除でスッキリするよ
お風呂場の掃除は、ヌルヌルやカビ菌との闘いのような気がします。最近は、お風呂の汚れをセスキスプレーで掃除することが多いです。 浴槽や床...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク