おもてなし料理になるビーフシチューの作り方ー玉ねぎで牛肉をやわらかく

ビーフシチュー

大きめのお野菜とやわらかくなってほろほろになった牛肉の入ったビーフシチューは、ふと食べたくなる一品です。

じっくりと煮込むメニューは、手間がかかりますが、圧力鍋や活力鍋などを活用して時間短縮をすることができます。

お客さまが来たときにも、ランチでもディナーでもふるまえるおもてなしの万能メニューとしてはいかがでしょうか。

すりおろした玉ねぎにかたまり肉を15分以上つけこんで下ごしらえすると、牛肉が驚くほどやわらかく仕上がりました。

作り方は以下の通りです。

材料

材料

材料

  • 牛肉のブロック
  • 玉ねぎ  ポイント!(1個分はすりおろして、牛肉を漬け込んで下ごしらえに)
  • にんじん
  • じゃがいも
  • 料理用赤ワイン
  • ビーフシチューのルー

それぞれ適量

【今回使った調理道具】

玉ねぎで牛肉の下ごしらえ

半分

半分

コストコで買った牛肉のブロックは大きいので、今回は半分量にしました。使ったのは約750g。

ブロック肉は、ゆでるとかなり小さくなるので、大胆にかなり大きめに切り分けます。5センチ四方、厚みが3センチくらいの大きさにしています。

玉ねぎを約1個分すりおろして、牛肉のブロック肉と一緒にジップロックに入れるなどして15分以上つけ込みます。

すりおろした玉ねぎ

すりおろした玉ねぎ

何時間もつけ込まなくても、玉ねぎによるやわらかくする効果を実感できます。

15分以上放置しても、冷蔵庫内であればとくに問題ありません。

牛肉をワインで煮込む

活力鍋に、切り分けたお肉を入れてから料理用赤ワインを入れ、水を少し足してお肉がかぶるくらいの量にします。

【ワンポイント】

ここで水分が少なすぎると、水面からはみ出たお肉の部分が固くなってしまいます。お肉がかぶる量の水とワインで煮込むのがおすすめです。

料理ワインを使って煮込むとき、十分加熱するのでアルコール分は飛んでなくなりますが、ワインが苦手な人がいるなら水だけで煮込むようにします。

活力鍋でオモリが揺れだしてから10分ほど煮込みます。

オモリが下がってからふたを開け、お肉が固いようであれば追加でさらに加熱しましょう。

活力鍋

活力鍋

野菜は別に茹でます

野菜

野菜

茹で上がり

茹で上がり

牛肉と別に、大きめに切った人参、玉ねぎ、じゃがいもを茹でます。

最後に盛り付けるときに一緒に入れてもいいですし、牛肉が煮込み終わってから一つの鍋にまとめてもOKです。

はじめから牛肉と野菜を煮込むと、野菜(とくにじゃがいも)がやわらかくなりすぎて形がなくなってしまうので、別に煮込むのがおすすめです。

【別の方法】

牛肉を茹で終わったあと、野菜を加えてもう一度圧力をかけ、活力鍋ならオモリが揺れ出したらすぐ止めてもOKです。

野菜がやわらかめになりますが、鍋一つでビーフシチューができます。

味付け

まとめ

まとめ

牛肉が十分にやわらかくなったら、ビーフシチューのもとを溶かし入れて仕上げます。

まとめ

コストコで買った大きな牛肉が、おいしいビーフシチューになりました。

すりおろした玉ねぎの効果で、やわらかく仕上がり、とても食べやすくなりました。お肉があまり得意ではない人にも好評でした。

お肉は大きめに切り分けないと、粉々になってしまうので、大きめに切っておくとちょうどいい大きさに仕上がります。

パンと一緒に食べても、ごはんと一緒にしても相性がいいです。

お客さまへのおもてなし料理にも、おすすめです。

【おすすめの鍋】

活力鍋は、圧力鍋の一種ですが、さらに短時間の調理ができる高機能鍋です。

肉をやわらかく煮込む時や、アズキ、ごはんも美味しく炊けます。

調理時間の短縮ができ、またおいしく出来上がるので、おすすめです。

【便利な無料レシピサイト】

登録、利用は無料で、レシピを人気順に検索できます!

楽天レシピ 会員登録

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク