ガス代節約のコツ(お風呂、調理で気をつけること)

家計

光熱費は、生活に欠かせない出費ですが、ポイントを知って対策をすれば、いくらか料金を抑えることができます。

一度のことでたくさん節約できるわけではないとしても、毎日の積み重ねを継続するほど効果が出てきます。

コツをおさえて習慣化することができれば、それほど苦にならず家計の負担を減らすことができることでしょう。

わが家では、電気、ガス代、水道の中でガス代が一番高かったので、ガス代の節約が上手くいくかの違いは大きかったです。

今回は、ガス代の節約のコツについて書きたいと思います。

ガスの種類についての記事

都市ガスとLPガスのどちらがいいか?
都市ガスとLPガスのどちらがいいか?
都市ガスとプロパンガスの違いは何か。対応のガスコンロが違うので、引っ越す前に新しい住居のガスの種類を確認しておきましょう。

使わないときには、給湯器の主電源をオフにしておく

湯沸かし器
湯沸かし器

給湯器のお湯がいつでも出る状態になっていると、種火がついていて、少しずつですがガスを消費します。

使い終わったら、給湯器の電源をオフにしておきましょう。また、出かける前にも電源が切れているか確認しておきます。

そうすると、消し忘れを防止できて、節約だけでなく、家事などの事故も防ぐことができますね!

この習慣で、ガス代が変わってきます。

お風呂は、続けて入る

バスルーム
バスルーム

家族のそれぞれがばらばらの時間にお風呂に入ると、毎回お湯を張ったり沸かし直す必要があります。

シャワーで済ますのならば問題ありませんが、湯船にお湯を張るのならば、あまり間を空けずに続けて入るほうがガスの節約になります。

また、次の人が入るまでの間、湯船にフタをしておくと、温度が下がりにくくて効果的です。また、湯気が風呂場にこもりにくくなり、カビ対策にもなりますよ。

【お風呂の湯船のフタなしが使いやすいことも】

一人暮らしなどで、自分が出た後はお風呂を保温しておく必要がない場合、お湯を流して、湯船のフタはなしで生活することもできます。シンプルに、お風呂場をすっきりさせることができます。ただし、2人以上で生活していたり、湯船のフタがないせいで湯気がこもりすぎてカビやすくなるなら、フタを使った方がいいこともあります。

(関連:風呂場で浴槽のふたは必要あるか?

※ カビ対策の関連記事

風通しのいい浴室はカビにくい
風通しのいい浴室はカビにくい
お風呂のカビ取りは、なかなか手ごわく、できればカビが生えないように事前に防ぎたいですね。 それで、もし引っ越すのであれば、家探しのときには、...

調理の火力は中火

鍋の底からはみ出すような大きな火力は、ガスを余分に消費します。

少し火力をおさえて中火で調理するとエネルギー効率が良くなるそうです。

調理の際には、鍋やフライパンの底の外側まで出てしまうほど強い火加減になっていないか見て調節しましょう!

圧力鍋の活用

圧力鍋
圧力鍋

時間のかかる煮込み料理でも、圧力鍋を使うと加熱時間を大幅に減らすことができます。

火を止めたあとも、しばらく高温が保たれるので、しっかりと火が通っておいしくできあがります。

圧力鍋や、さらに短時間の加熱時間で調理できる活力鍋のほかにも、保温効果の高い土鍋やル・クルーゼなどの鍋も弱火で効率よく調理できます。

高機能の鍋類は、値段が高いですが、ガス代の節約効果があり、また、調理時間と手間が大幅に短縮できて、おいしく出来上がるので、採算は合うと思います。

時短調理に関連した記事

にんにく、しょうが、ネギを冷凍保存して時短調理しよう
にんにく、しょうが、ネギを冷凍保存して時短調理しよう
料理で手間がかかるものに、細かく刻む作業があります。 ザッと火を通すだけの、調理時間の短い野菜炒めでも、ニンニクや生姜を加えたほうがおいし...

活力鍋は、使いやすいのでおすすめです。

そして少し余裕があったら、ル・クルーゼのなべもおすすめです。

おいしくできあがりますし、見た目もおしゃれで料理が楽しくなります。

活力鍋で作るビーフシチューの記事

おもてなし料理になるビーフシチューの作り方ー玉ねぎで牛肉をやわらかく
おもてなし料理になるビーフシチューの作り方ー玉ねぎで牛肉をやわらかく
大きめのお野菜とやわらかくなってほろほろになった牛肉の入ったビーフシチューは、ふと食べたくなる一品です。 じっくりと煮込むメニューは、...

電気ケトルを使う

電気ケトル
電気ケトル

お茶を入れるお湯を、電気ケトルで沸かすと短時間で、少ない量でも沸かせるので便利ですし、ガスを使わずにすみます。

また、調理するときに、味噌汁やスープ、めん類を茹でるためのお湯を沸かすのに電気ケトルを使うと、時間短縮にもなり、ガスを節約できます。

厳密に計測したわけではありませんが、我が家の場合、電気ケトルで沸かして電気を余分に使ったとしても、ガスで全部沸かしていた頃よりも全体で割安になりました。

お茶を飲むときに、いつも満タンで沸かすのではなく、使う量だけ沸かしたほうが早く沸きますし、お湯も電気代も無駄になりません。

電気ケトルの関連記事

おすすめの電気ケトルと活用法
おすすめの電気ケトルと活用法
引っ越した家にそろえたい電化製品でおすすめなのは、大物家電の冷蔵庫、洗濯機、クーラーの次にあると便利なのが、電気ケトルです。 電気ケ...

石油ストーブの上にやかんを置く

冬場に、石油ストーブを使うなら、ストーブの上にお水の入ったやかんを置いてお湯を沸かすと節約になります。

また、煮込み料理の鍋をコツコツと煮込むのにも使えます。

冬らしく、見た目にも美味しそうですね。

石油ストーブの上に置くことで、シチューや、あずき、角煮やおでんなど、いろいろなメニューが作れます。じっくり煮ると味がよく染みておいしさが増します。

ただし、放っておきすぎると焦げたり火事になるので十分に注意してくださいね!!

まとめ

ガス代も、少しの工夫で節約することができます。

プロパンガスよりも都市ガスのほうがガス代が割安になることが多いので、新しく入居したい物件のガスがどのタイプかもチェックしておくと良いと思います。

また、ガス器具を購入する際には、都市ガスとプロパンガスとでは種類が別になっているので、間違えないようにしましょうね。

引越しで費用がかさむときには、ガスコンロの魚焼きグリルを片面焼きタイプにすると少し節約になることもあります。予算と好みで決めるといいですよ。

(関連:魚焼きグリルは片面焼きでも大丈夫?

ドメイン取るならお名前.com

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク