テキストポンー専門書、医学書、参考書、教科書専門の買取サービス

勉強

医学系の大学や専門学校を卒業する頃には、部屋の本棚に専門分野の本や参考書が集まっていることでしょう。

国家試験対策も含めて、たくさん勉強してきた証しですね!

医学関係の本は、専門科目が多く、写真や図が多く載っていたりして、貴重な情報が詰まっています。専門書は高価ですし、実際の重量感も存在感も大きいです。

その後、就職して必要になるものもあるかもしれませんが、卒業したらもう使わなくなる本や参考書もあります。

家にスペースが十分にあれば置いておきたいところですが、もう読まないものは、「テキストポン」のように、教科書を専門に扱っている業者さんに買い取ってもらうのもひとつの方法です。

高価だった本を普通に捨ててしまうのはもったいないと思います!

教科書専門買取点の公式ページ

【テキストポン】

教科書や専門書の買取専門店です。5冊以上の買取で送料無料になるので、まとめて送ると一度の手間で済みますね。

見積もりは無料で、値段を聞いてから買い取ってもらうか決めることができます。



専門書は高価

本

専門分野の本は、高価なものが多く、「そのまま捨ててしまうのはもったいない」ですね。

また、毎年、新しく進学する学生たちにとっても、高価な教科書をすべてそろえるのには、負担がかかるものです。

授業料だけでなく、教科書代として、毎年何万円分も購入することになるので、出費が大きいのです。

そこで、買取をしてもらって流通すると、次の世代の人が手に入れやすいようになることでしょう。

また、不要になった教科書を買い取ってもらえると、その後社会人になる時に、一人暮らしの用意をしたり、仕事用の服などをそろえたりするのにも、少しでも費用の足しにすることができるかもしれませんね。

元々、出版部数が多くなく、一冊ごとに高額な本なので、査定額もしっかりつきやすいです。

書き込みがあってもOK

ポイント

ポイント

テキストポンでは、書き込みがあっても買い取ってもらえるところが大きなポイントです。

まったく書き込みをせずに勉強するのは難しいですものね。

勉強した際に、書いたり線を引いてしまっているものでも、査定に出してみることができます。

それでも、なるべくきれいな状態の方が、高い値段がつきやすいので、消せるのであれば、出す前に消しておくといいでしょう。

また、表紙などに書いた油性ペンの名前などは、マニキュアの除光液を使うと、きれいに消せるそうです。試してみるといいかもしれませんね!

査定額アップにつながること

荷造り

荷造り

【① まとめて査定に出す】

まとめて査定に出すと、手間を省けるだけでなく、買取額もまとまった額になりやすいです。

見積もりは無料で、値段を聞いてから決めることができるので、あとで後悔しにくい仕組みになっています。

【② 自分でダンボールを用意する】

また、自分でダンボールを用意する場合、家になくてもスーパーやドラッグストアでお店の人に声をかけるとたいてい分けてもらえます。

ダンボールに詰めたら、隙間をなくして、運送中に曲がったり折れたりしないように工夫しましょう。

専門業者テキストポンに依頼しよう!

ほかの古本屋さんよりも、教科書や専門書をメインで扱っている業者さんの方が、値段がつきやすいので、自宅で処分したいものに教科書や参考書が多いならば、専門の買取業者を利用するといいですよ。

近くに店舗がなくても、ダンボールに詰めて送ると、見積もり額を教えてもらえます。

納得できれば、そのまま交渉が成立します。

買取業者テキストポンの詳しい内容と、お問い合わせ先は、下記のページをご覧ください。

公式ページ.テキストポンへの査定申込はコチラ



関連記事
どんどん増える本、雑誌、教科書類の処分の仕方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする