引っ越したら車のナンバープレートを変えたほうがいいの?

車

離れた地域に引っ越すと、地元の人と車のナンバーが違うようになりますよね。

他県のナンバープレートでいると、ちょっと目立ってしまいますが、目立つかどうかはさておき、ナンバープレートは変える必要があるのでしょうか?

今回は、引っ越ししたら車のナンバープレートを新しくする必要があるのかどうかについて調べてみました。

変えなければいけないの?

ハイエース

ハイエース

法律上、引っ越したら車のナンバープレートを変える必要があるようです。

もし、管轄が同じ(同じ陸運支局の管轄内で、ナンバープレートの地名の表記が同じ)であれば、ナンバープレートまで変える必要はありませんが、住所変更の手続きをします。

陸運支局または運輸局で受け付けています

車を所有している人は、運転免許証の住所変更とは別に、車の住所変更(陸運支局で手続きができる)が必要になります。

ナンバープレートを変えたほうがいい理由

若葉

若葉

自動車を登録している住所を新しいものに変更したほうがいい理由は、自動車税の通知書が新しい住所に届くことと、リコールがあった際にお知らせが届くからです。

通知が届かずに滞納してしまうこと防げますし、リコールがあった際には、問題のある箇所を無料で交換や点検をしてもらえたりします。車の安全にもかかわることなので、通知が確実に届くように住所変更をしておいたほうがいいですね。

また、新しい住所に登録しておけば、のちに廃車の手続きをする際に手続きがスムーズになります。

引っ越し以外の理由での変更もできる!

ナンバープレートの変更は、引っ越し以外の理由でも受け付けてもらえます。

例えば、ナンバープレートが壊れたとか、希望ナンバーや図版ナンバーにしてみたいなどの理由でもOKです。

ディーラーさんに頼むこともできるよ

必要な書類をそろえて、陸運支局に行って手続きするのは、結構大変です。

個人で新しいナンバープレートを申請することもできますが、ディーラーや販売店さんに依頼して、代理で変更手続きに行ってもらうこともできます。

手続きが面倒なときや、陸運支局が受け付けている平日はお仕事があって行けないなどの場合には、手続きを依頼するのが実際的です。

ナンバープレートの種類

一般ナンバー: 一般的なナンバープレート。ペイント式とも呼ばれます。

希望ナンバー: 希望のナンバーを申請することもできます。料金は少し割高になります。

図版ナンバー: 図柄入りのナンバーです。ご当地の名産品やマスコット、イベントなどに合わせて発行される図柄が入っています。

の3種類があります。

一般ナンバーが一番費用が安く、ナンバープレートが早く受け取れます。希望ナンバーの場合、希望者が多いと抽選になることもあるので、いくつかの候補を決めておくとよいかもしれませんね。

図版ナンバーは、気に入ったデザインやイベントなどがあれば、車をオシャレにできるかもしれませんね。

変更する手順

車

必要な書類をそろえて、管轄の陸運支局または運輸局に行きます。その際、ナンバープレートを変更する車を持ち込みます。

自宅で用意するもの
・自動車車検証(コピー可)

・所有者の印鑑(認印)または委任状

・字光式番号交付願(字光式ナンバー希望の場合)

・住民票の写し

・車庫証明書

運輸局に行って用意するもの
・申請用紙

・手数料納付書

・自動車税申告書

申請の流れ

・運輸支局にて、申請用紙をもらって記入する

・登録手数料を、印紙購入で支払う

・書類を提出して、新しい車検証を受け取る

自動車税事務所(運輸支局内にある)にて、変更を申告する

・古いナンバープレートを返却

・新しいナンバープレートを購入する

まとめ

他県ナンバーのまましばらく乗っている人もいますが、法律上、引っ越したら住所変更手続きをして、管轄地域外であればナンバープレートを新しくする必要があります。

陸運支局で受け付けています。

難しそうだな、と思ったら、ディーラーさんなどに代行を依頼することもできますよ。

合わせて、運転免許証の住所変更も忘れずにするようにしましょうね。

関連記事

運転免許証の裏(備考欄)がいっぱいになったらどうするか?
運転免許証の裏(備考欄)がいっぱいになったらどうするか?
引っ越して住所が変わると、最寄りの警察署や運転免許センターで、運転免許証の裏面(備考欄)に新しい住所を印字してもらえることになっています。 ...

車の関連記事

雪国に引越しが決まったら車にはスタッドレスタイヤを!

レンタカーで引っ越しするときのコツは?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク